一番嬉しい話は、いとこの家に行ってしまったタッタちゃんとタアタちゃんが戻ってきたことで、一番淋しい話はパパが死んでしまったこと。読み終わった後は「ちいさいモモちゃん」に戻って読んでいます。近くの本やにおいていなかったので購入できてよかったです。

これっ♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

シリーズアカネちゃんのなみだの海 (児童文学創作シリーズ) [ 松谷みよ子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

最初に「ちいさいモモちゃん」を読み始めてから!うすうす気づいてはいましたが!この話は著者である松谷みよ子さんの子育て体験を童話化したもの。モモちゃんシリーズは何度読んでもいいですね。自分が小さい頃!大大大好きだった本です♪また再会できた嬉しさで!思わずシリーズ6冊大人買いしちゃいました(^m^)子供へのプレゼントに購入しました。以前は売り切れで変えなかった(T_T)まだ読んでいませんが、結末が楽しみ・・・。小学生になったアカネちゃんと、中学生になったモモちゃんの成長ぶりを描いた作品。ほのぼのとする内容です。子育て中のママにぜひ読んでもらいたいです。モモアカシリーズ最後の1冊です。実に深い内容で子供にはちょっと難しいかも。この巻にもなると子供にとっては難しい表現や!分からない話も出てくるのですが!赤ちゃんのころから見守ってきたモモちゃんとアカネちゃんの話にじっと聞き入っています。主人が!どうしてもこのお人形さんの表紙のハードカバーが欲しい!!と前々から言っていました。本屋さんにはならんでいないので!駄目もとで楽天で検索したらヒット!!!即買いです。。子供のために買ったと言うよりも、自分の為?早く読みたいです。子供が大好きで購入しました。敢えて、単行本ではないのを購入していますモモちゃんシリーズの最終章。年中の娘の読み聞かせに買いました。この作品が完結するまで30年かかったと言います。でも読みやすい文章なので、小学校高学年くらいになったら自分の子供にも読ませたいです(まだずっと先のことですが)シリーズでそろえて良かったです。最後!ちょっぴり切ない感じがしますが!全体的には!ほのぼのとしたお話です。昔自分が好きだった本を子供にも読んで欲しくてシリーズで購入しました。最後のあとがきを読んで、ああ、やっぱりなんだと思いました。今!読み返してもおもしろいです。長く読み続けることが出来る話だと思います。まだ自分で読めないので読み聞かせですが!毎日続きを楽しみにしています♪まだ届いてません。とても内容の濃い一冊です。私自身も子供の頃に大好きだったシリーズ。子どもが与えてくれる新鮮な言葉や、しぐさ、行動、全てがヒントとなって生まれた童話だから、長きに渡って慕われる作品になったんだろうなと感じました。子供向けの本で泣いたのは、100万回生きた猫以来でした。姪の誕生日プレゼント用にシリーズ全6冊を購入しました。「ちいさいモモちゃん」シリーズ第六作目で、最終章です。